アセットアロケーション

毎月恒例の投資運用報告。毎月1日にこの記事を書くことで、他の記事もスムーズに書けるようになりそうな気がするので、今月からは毎月1日に公開します!

前月分:2016年4月の401k運用報告とアセットアロケーション

毎月の投資額

小規模企業共済:月7万円
401k:月6.8万円
SBI積立:月1.6万円

合計で毎月15.4万円となっております。

えー、401kを満額にした影響は想像していた以上です。精神的に来ますね。経費として使わないのであれば翌年度に税金として持って行かれてしまう物なので、使い道が無いなら”401k”にぶち込んでいた方が良いのは間違いないのですが、手元に使えるキャッシュが残らないのは結構な負担です。

本当、個人の所得税・住民税がもうちっと安くなると、僕みたいな中間層がもうちょっと良い暮らし出来るようになると思うんですけどね。ちなみに、5月末は急に将来への不安が自分の中で大きくなって、全く仕事出来ませんでした。

6月~12月の7ヶ月で1ヶ月の売上をあと100万円増やしたい!と思っているので、サボった分これから頑張りたいと思います。

401kを含む運用報告

まずはトータルリターンから!

投資合計時価掛金(元本)損益
2016年5月末809,521811,066-1,545

先月の時価は「710,656円」で、元本は「727,575円」、損益「-16,919円」でした。

5月も増加幅は401kの6.8万円と通常積立の1.6万円の2つ。出来れば、通常積立を早急に2.5万円まで増やしたいのですが、医療保険を見なおした結果、もうちょっとそちらに回したほうが良さそうなので、今年は無理かも。まぁ、売上が100万円増えれば関係ないけど!

一応、損益幅はこの1ヶ月で大分解消されましたね。来月度にはトータル損益がプラスになるかも!?私が積立を始めてから今迄の間、満足に損益がプラスになったことが無いので、出来ればそろそろプラスの数字を見せて欲しい所です。

小規模企業共済

拠出額:457,000円

結局5月も引き落としされませんでした。入念にチェックしてみたところ、6月度に5万円引き落とされ、7月度からは7万円引き落とされるようです。401kの掛金は減らしても、小規模の掛金は減らさないぜ!

401kの運用報告

投資銘柄区分時価掛金金額損益
野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI先進国株式92,42290,0302,392
野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)新興国株式90,33290,036296
合計182,754180,0662,688

今月はプラスに転じました。2016年4月からSBI証券の401kのラインナップが増えまして、魅力が更に増しました。もうすぐ維持管理手数料が安くなる50万円に届きそうなので、今年中にはSBI証券に401k口座を移管するかも!?

SBI証券での投信積立

■2016年5月末

投資銘柄区分時価掛金損益
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス新興国株式40,55939,0001,559
ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド先進国株式63,16065,000-1,840
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド国内株式73,26975,000-1,731
EXE-i 新興国株式ファンド新興国株式61,07359,0002,073
合計238,061238,00061

通常口座の積立投信額は月額1.6万円。内訳は「e-maxis新興国 0.3万円、ニッセイそれぞれ0.5万円、EXE-i新興国 0.3万円」です。

先月から変化なし。別に言うことね~。まぁちょっと赤字幅が縮小されましたね。

アセットアロケーション比率

というわけで2016年5月末の私の資産配分比率を見てみましょう。

201605のポートフォリオ

目標のアセットアロケーションはこちら。

2016年計画のアセットアロケーション

目標アセットアロケーションからは程遠い結果となっていますね。

ただ、徐々に徐々に求めるものに近くなっています。あとは、小規模への投資金額を越える投資を他の所で継続して行えるか!?が重要になってきそうです。

次回分:2016年9月末のiDeCo運用報告
過去分:東雲のiDeCo運用報告カテゴリーへ