年金手帳と電卓

東雲です。

つい先日新年を迎えたと思いきや、既に1年の4分の1が終了しています。恐ろしい限りですね。

色々と雑務が重なって本業のほうが滞っている状態なので、ザワザワしてる感があります。ヤバイ。ま、そんなことも言ってられないので、2017年3月末のiDeCoの運用報告を始めて行きたいと思います。

前回分:【東雲】2017年2月のiDeCo運用報告

毎月の投資額

小規模企業共済:月7万円(満額)
iDeCo:月6.8万円(満額)
SBI積立:月1.6万円
ひふみ投信積立:月1万円
Bitcoin積立:月1万円

合計17.4万円

お金を計算する女性

先月言った通り、「①ひふみ投信積立開始」に加えて「②eMaxisの売却⇒exe-iへの統一」を行いました。また、タイトルにもあるように3月分のiDeCoの掛金拠出がストップされちゃいました。

他にも色々とトピックスがあるので、本文内で随時触れていきます。ま~しかし、毎月17.4万円積み立てるってどうなんでしょうね。そもそも私の目標は60歳時点で合計1億円の退職金を作っておくことですから、私のポートフォリオで考えると、そこまでの金額を積み立てる必要はない気がしてきました。

中々時間がなくて期待値を計算する機会がないのですが、今年中にはしっかりと目標値から計算した毎月の掛金額を算出していきたいと思います。

iDeCoを含む運用報告

まずはトータルリターンから!

投資合計時価掛金(元本)損益
2017年3月末3,152,0213,149,6622,359
2017年2月末2,589,4822,514,11175,371
差額562,539635,551-73,012

過去4ヶ月分のTTMレート(対米ドル)は以下の通り。

2016年12月30日:116.49
2017年1月31日:113.81
2017年2月28日:112.56
2017年3月31日:112.19
(引用:三菱UFJリサーチ&コンサルティング | 外国為替相場

為替は2月末と比べてそんなにブレず。影響なしですね。

利益が減ってるのは、後述するようにBitcoinが値下がりした影響が大きいです。ま、この辺りは想定通りなので問題なし。むしろ、投資金額がドンドン増えている事に私は喜びを感じております。

早く、5,000万円くらいまで行ってくれると嬉しいんですけどねぇ。

小規模企業共済

拠出額:1,157,000円

特に変わりなく、毎月淡々と7万円を積み立ててます。

iDeCo(SBI証券)の運用報告

■2017年3月末

投資銘柄区分時価掛金金額損益
DCニッセイ外国株式インデックス先進国株式465,319466,479-1,160
三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド新興国株式234,691233,2381,453
EXE-I 新興国株式ファンド新興国株式233,558233,238320
合計933,568932,955613

■2017年2月末参考

投資銘柄区分時価掛金損益
DCニッセイ外国株式インデックス先進国株式427,756432,562-4,806
三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド新興国株式212,467216,280-3,813
EXE-I 新興国株式ファンド新興国株式211,674216,280-4,606

こちらも淡々とやってます。特に書くことなし!

通常口座での投信積立(SBI証券)

■2017年3月末

投資銘柄区分時価掛金損益
ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド先進国株式106,91395,00011,913
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド国内株式113,760105,0008,760
EXE-i 新興国株式ファンド新興国株式156,418141,70714,711
ひふみ投信その他12,13312,000133
合計389,224353,70735,517
■2017年2月末【参考】
投資銘柄区分時価掛金損益
三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス新興国株式61,64154,0007,641
ニッセイ-〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド先進国株式100,84790,00010,847
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド国内株式109,430100,0009,430
EXE-i 新興国株式ファンド新興国株式85,45874,00011,458
合計357,376318,00039,376

通常口座の積立投信額は月額2.6万円。内訳は「ニッセイそれぞれ0.5万円、EXE-i新興国 0.6万円、ひふみ投信 1万円」です。

えーようやくe-maxisを売却いたしました。売却金額は61,707円。利益は7,705円で、税金は1,565円でございます。

約定単価-emaxis

61,707円は税金分含めてEXE-iに振り替えました。emaxisを売却してexe-iを購入するまでに2週間位あいだが空いちゃいましたが、毎月積み立ててればOKなので、そのへんのタイムラグは別に気にしてないです。

あと、emaxisを売却したことに伴い、emaxisの積立投信金額月0.3万円は、EXE-i新興国の方に振り替えています。従って、EXE-iの積立金額が0.6万円に変更になりました。ただ、三菱UFJ国際投信が「eMAXIS Slim」シリーズ4ファンドを新規設定にあるように、emaxisで新たなファンドが設立されました。業界最安値を突っ走るようなので、こちらに分散するのもありかなと思っています。追々決めていきます。

そして“ひふみ投信”の設定。基本アクティブファンドには投資しないですが、あまりにもパフォーマンスが良い!らしいので、興味心から毎月1万円積立してみることにしました。積立が始まるのは5月からなので、3月・4月は手動購入です。しかも1万円じゃなくて1.2万円で購入。このあたりも適当。

Bitcoin積立(bitflyer)

区分時価掛金損益
2017年3月末その他672,229706,000-33,771
2017年2月末その他293,209243,98949,220
差額379,020462,011-82,991

すいません・・・先月の2BTCから今月は3BTC強追加して、現在5.28BTC保有しています。出来れば、50BTCくらい持っていたいのですが、いかんせんお金がありません。

Bitcoinに対する東雲の見解はまた別の機会に記事にしたいとは思っているのですが、とりあえず私はビットコインはまだまだ上がり続けると思っています。ビットコイン分裂騒動なんかもありますが、基本問題なく上がっていくと思っています。(根拠は勘。)

これ以上増やすとポートフォリオがおかしな事になりそうですが、機会をみて追加出来るなら追加していきます。お金ないけど。

アセットアロケーション比率

2017年3月末の資産配分比率
2017年3月のアセットアロケーション

【参考】2017年2月末の資産配分比率
201702アセットアロケーション

その他比率が急上昇しています。その他に関しては「ひふみ投信・ビットコイン・REIT」を合わせても5%~10%以内に抑えていきたいと思っています。とは言え、私は積立を始めてからまだ1年くらいしか経ってませんので、この辺りも追々調整していきます。

ビットコインはもしかしたら、私の中で積立投資の対象外資産になるかもしれませんが。

目標アセットアロケーション
2016年計画のアセットアロケーション

最近、橘玲さんの「臆病者のための株入門」という本を読んだのですが、私の年齢から考えるともう少しリスク資産(具体的には外国株資産)を増やしても良いのかなと思い始めて来ました。

ポートフォリオに関しても2017年中に変更を加えようかと思います。(但し、私のポートフォリオはガチで頭おかしいレベルでリスク資産だらけになると思うので、真似しないように。)

2017年3月の東雲トピックス

本文内で記載したトピックス以外をあげるとすると、以下の2つが3月度のトピックスですね。

  • ①ソーシャルレンディングの「みんなのクレジット」に行政処分が入る
  • ②iDeCoの掛金拠出がストップ!

【悲報】みんなのクレジットに行政処分!

以前からきな臭いきな臭いと言っていた”みんなのクレジット”ですが、遂に証券取引等監視委員会から勧告があり、行政処分が下されます。

詳細は株式会社みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について:証券取引等監視委員会を御覧いただきたいのですが、まぁ本当開いた口が塞がらないとはこの事です。

  • ファンドの出資金を社長個人の借入金の返済に充てる
  • ファンドの出資金を関係会社の資本金にしてしまう
  • ファンドの償還金の返済原資にファンド出資金を充ててしまう(the自転車操業)

などなど、かなりヤバイ状態で経営がなされていたようです。

私の場合は、別ブログのネタにもなるなと思って投資していましたし、こういう事もあり得る会社だなと思っていたので、そこまでショックはありませんが、でもやっぱり気分は悪いですね。

正直全額償還されるかどうかは怪しい状況になってきました。このあたりも時間があれば、詳しく書いていきたいと思います。

1号被保険者から2号被保険者に変更になった事に伴い一時的にiDeCoの掛金ストップ

2017年3月上旬に国民年金基金連合会から以下のような書類が届きました。掛金の引き落としのストップです!

個人型年金の記録について

こちらの記事でも書いているように、私は現在iDeCoの加入者区分の変更真っ只中です。そのせいで加入者区分がおかしなことになってるので、確認してくださいっていう書面ですね。

ま、個人的には国民年金基金連合会が掛金の引き落としを停止してくれて助かりました。じゃないと、自分で銀行に行って引き落としを止めて貰わないとダメだったので。

よって3月引き落とし分(2月の拠出分)はストップとなりました。恐らく3月末にはSBI証券側で加入者区分の変更が正しく行われていると思うので、4月引き落としの3月拠出分からは月額2.3万円が引き落としされると思います。

今月のトピックスは以上です!お疲れ様でした!

次回分:2017年4月末のiDeCo運用報告
過去分:東雲のiDeCo運用報告カテゴリーへ